医療事務の資格を取るなら!

女性に特に人気の高い資格【医療事務】

 

当サイトでは医療事務のお仕事内容から、医療事務の資格を取得するまでに掛かる費用や期間、更にはQ&Aなど、医療事務に関する事ならなんでも紹介しています。

医療事務の仕事とはどんなものか

 

最近よく耳にする「医療事務」という仕事。
でも医療事務の仕事がどういったものかよくわからない、という方が実際には多いのではないでしょうか。

 

医療事務の仕事場は、病院、クリニック、歯科、調剤薬局などの医療機関になります。その仕事内容はそれぞれの現場で多少の違いはありますが、大きく分けると次の4つになっています。

 

1.受付対応
患者さんの初診や再診の手続きをして、保険証や診察券を確認する。診察券がない場合は診察券を発行する。また患者さんの入退院の受付をする場合もある。

 

2.データ入力
患者さんから預かった保険証の情報、そして診療内容のデータをカルテに記入する。現在はたいていパソコンでこの作業を行うので、データはカルテに入力する場合が多い。カルテは必要なときに取り出せるように整理しておく。

 

3.医療費の算出
患者さんの治療費、医療費を計算する。その金額は患者さんが入っている社会保険や国民健康保険ごとに異なるので専門知識が不可欠。

 

4.レセプト作成
社会保険や国民健康保険に加入している患者さんが実際に払うのは医療費の一部。残りの医療費は医療保険に請求することになる。そのための診療報酬明細書(=レセプト)を作るのが医療事務の大切な仕事。

 

以上のように、患者さんにとって医療事務とは病院や調剤薬局でいちばん初めに接点を持つことになり、かつ最後に会計をしてくれる人ということになります。
そして「レセプト作成」という医療機関の経営面に大きくかかわる重要な仕事をすることになります。
まさに医療事務は「病院の顔」といえるでしょう。